IGBT/MOSFET ゲートドライバー

IGBT/MOSFETゲートドライブオプトカプラーシリーズは高速スイッチング仕様であり、デザイナーはより小さいフィルターを使用できます。このため、システム全体の電力消費の削減が可能です。 これらのデバイスはソーラーインバーターやモータードライブ、誘導加熱(IH)アプリケーションに採用されています。 フェアチャイルド製オプトカプラーはクラス最高のコモンモード除去電圧(CMR)を備え、アプリケーションのノイズ耐性を向上させます。 これらのデバイスは、最小限のパルス幅歪みと最小限のパルス幅歪みと向上した電力効率に加え、1,414Vのピーク動作電圧を提供し、1200V IGBTのスイッチングに対応しています。

ゲートドライバー出力段はPMOSとNMOSのペアで構成され、ほぼ完全なレールツーレール出力スイングを容易に実現します。 この機能により、オン状態および短絡回路状態においてゲート電圧のコントロールが確実になります。 これらのIGBT/MOSFETゲートドライブオプトカプラーは、フェアチャイルドの強力かつ確立したディスクリートパワーIGBT/MOSFET製品ラインを補足するものです。 現在、フェアチャイルドはお客様に、回路のロジックコントロール部分から絶縁ゲートドライバー、パワーIGBT/MOSFETまで、ワンストップ・ショッピングをご提供しています。

新発売のスマートゲートドライブ オプトカプラーは、設計者に故障検出機能付き絶縁型ゲートドライバーを提供します。

フェアチャイルド セミコンダクターの FOD8316 / FOD8318 、スマート ゲート ドライブ オプトカプラーは2.5Aの電流出力を提供、IGBT ドライブ オプトカプラーは、非常時に必要となる保護性を確保し、壊滅的となる可能性のあるIGBTの熱暴走を防ぎます。 この新しい製品ファミリーは故障検出に対応する絶縁型高速フィードバックを備え、高速スイッチング パワーIGBTおよびMOSFETの駆動に最適です。 デバイスは、IGBTをレールツーレールで駆動することのできる低Rds(ON) CMOSトランジスターを採用した統合型ゲートドライブオプトカプラーです。  FOD8316/FOD8318 は、 Optoplanar ® のコプラナー パッケージング技術によりクラス最高となる静音結果を獲得しています。 Optoplanar ® 技術は、0.4ミリ以上の保護剤の厚みを確保、独立時の高電圧時での信頼性を高め、UL1577 と DIN EN/IEC60747-5-5 標準に準拠しています。 FOD8318は、アクティブミラークランプ機能を持ち、高dv/dtの状況下で負電源電圧を必要とせずにIGBTをシャットオフします。 これによって、よりシンプルなデザインと更なる高信頼性を実現します。

IGBT/MOSFETゲートドライバー 製品

見つかりませんか? お手伝いします >
アプリケーションノート概要
AN-3009
AN-5073